弁護士が教える「仕事ができる」と思わせるコミュニケーション能力獲得方法

交渉や営業はおろかコミュニケーション能力の低さから弁護士の仕事で苦労してきた筆者が教える最強人間心理攻略コミュニケーション術!

コミュニケーション能力の低い人の特徴 どんな能力があっても仕事ができないとみなされる人

コミュニケーションをとろうとすると、こんな状況になったり、なりそうではありませんか?
当てはまっていることが多ければ多い人ほど、やばい状況かもしれません

  • 話し方の悩みで苦しんでいて、話し相手に退屈を与えてしまう

  • 人の眼を見て堂々と話せない

  • 何を話していいかわからなくなる

  • 緊張して、しどろもどろになる

  • 大勢の人前であがってしまって、うまく話せない

  • 自分の主張をはっきり言えないで悶々としてしまう

  • 会話すると相手に嫌な思い、不快な感じを与えていると思ってしまう

  • はっきりした大きな声を出すことを逡巡してしまう

  • 会話の声が聞き取りにくいと言われる

  • 会話で相手に沈黙を与えて焦ってしまう

  • 会話の歯車がかみ合っていないと感じる

  • 会話で自分の表情もこわばり、相手の表情も硬くさせてしまう

  • 自分そのものが退屈と沈黙を運んでくる不必要な存在に思える

  • 他人が普通に喋れている、発表できているのを見て、ハンカチをかみしめる

  • 自分と話すと相手がそわそわすると感じる

  • みんな楽しくわいわいがやがやしているのを見て、孤独感と疎外感を持ってしまう

  • 異性との会話をうまくリードできず、その人が離れていってしまう。いつまでたっても恋人が作れない

  • 完璧に話題を考えて場に臨んでも、相手が関心を示さなくて、焦る

  • ぺらぺら話せても、自分の話で精一杯で、受けが悪い

  • 初対面の人とどう話していいかわからない

  • 本当はやりたくないのに、事務的にしか相手と会話できな

  • 緊張から不安を打ち消そうと無理に話そうとしてやっぱり失敗する
  • 話し上手な人を見ると嫉妬したり、コンプレックスを感じてしまう 

 

上に書き述べてきたことは、すべて僕に当てはまります! (^_^;) 

 

lawernegotiation.hatenadiary.com